ペットの贅沢水素水の効用・効果は?腎臓病に効くって本当?

皆さん、『水素水』って聞いたことありますか?

水素水というのは、体内に溜まった『活性酸素』を取り除いてくれる飲み物です。

人もペットも年齢を重ねていきます。そして、年齢に応じて身体が老化していきますが、この老化の原因となるのが『活性酸素』なんです。

水素水は、この体内に溜まった活性酸素を取り除いて、水に変えて体外に排出してくれます。

そして、水素水の中でも『ペットの贅沢水素水』は、水素を加圧方式で飽和状態まで溶かし込んで高濃度状態で商品化したものなんです。

ここでは、『ペットの贅沢水素水』を飲むことによって得られる具体的な効用・効果をご案内します。



ペットの贅沢水素水で得られる具体的な効用・効果は?

犬・猫などのペットに『水素水』を飲ませることで改善が期待できる症状としては、①腎不全、②ガン、③心臓病、④皮膚病などがあげられます。

この中でも、特に腎不全が進行して発症する「慢性腎臓病」関しては、獣医さんの中でも水素水を治療法として取り入れられている方が多くいます

 

ペットの贅沢水素水が慢性腎臓病の治療法に用いられる理由は?

犬・猫が一旦『慢性腎臓病』になってしまうと、腎臓の機能は元に戻ることはありません。

犬・猫にとって、『慢性腎臓病』が不治の病と言われるのはこのためです。

つまり、慢性腎臓病の治療の鍵は、進行をいかに遅らせるかです。

そして、この病気は、大きく分けて次の4つのステージに分かれています。

① ステージ1  血清CREA値 犬1.4 mg/dl以下 猫1.6 mg/dl以下
② ステージ2  血清CREA値 犬1.4〜2.0mg/dl 猫1.6〜2.8mg/dl
③ ステージ3  血清CREA値 犬2.1〜5.0mg/dl 猫2.9〜5.0 mg/dl
④ ステージ4  血清CREA値 犬5.0 mg/dl以上 猫5.0 mg/dl以上

繰り返しになりますが、慢性腎臓病は投薬などの治療法で完治することはありませんので、発症してしまった場合は、いかにこの病気と上手く付き合って、進行を遅らせて健康寿命を保てるかがポイントとなります。

そして、上記の慢性腎臓病のステージ1~2の段階において、動物病院で勧められる治療法が、①食事療法と、②水分補給です。

そして、この食事療法と水分補給で、気を付けないといけないのが、慢性腎臓病の大敵であるミネラル分をできるだけ摂取しないということです。

その点、この『ペットの贅沢水素水』は、ミネラル分を「0」にしていますので、慢性腎臓病のペットに対しても安心して与えることができます。

そして、さらに『ペットの贅沢水素水』は、個体差はあるものの、本来の効用である『水素の水の活性酸素除去の働き』が、ペットの腎機能の数値である『血清CREA値』を正常値に近づけてくれ、愛犬を長生きへと導いてくれるのです。

 

ペットの贅沢水素水は飲み始めてどれくらで効くの?

それでは、『ペットの贅沢水素水』は、飲み始めてどれくらいでその効用・効果を発揮するのでしょうか?

これにも個体差がありますが、一般的には水素水は飲み始めて約1~2か月で血清CREA値が下がり始めると言われています。

その後の状態についても、個体差があり、血清CREA値が正常値に近づく場合もあれば、ある一定レベルで下げ止まりの場合もあります。

しかし、ペットの血液の血清CREA値が下がることによって、愛犬・愛猫は「ぐったり」とした状態から「元気」になってくれるということです。

 

ペットの贅沢水素水は慢性腎臓病と上手く付き合うためのツール

ただし、気を付けていただきたいことを申し上げておきますと、この『ペットの贅沢水素水』を飲んで血清CREA値が降下すれば、慢性腎臓病は何でもO.K.という訳ではありません

もう一つの治療法である食事療法もキッチリと取り入れて、『低タンパク』な食事を与えてあげる必要もあります。

そして、水素水と食事療法とが両輪となって、ペットが少しでも元気に長生きできる『健康寿命』を延ばすツールとなって、慢性腎臓病に立ち向かってくれるでしょう。

繰り返しになりますが、『慢性腎臓病』はペットにとっては「不治の病」と言われています。

失われたペットの腎臓の機能は、元には戻りません。そして、血清CREA値の上昇に伴って、ペットは元気がなくなり、グッタリとして食欲もなくなっていきます。

しかし、この『ペットの贅沢水素水』を与えることによって、ペットの血清CREA値は降下して、再び元気を取り戻して一緒に過ごすことが期待できるのです。

ぜひ、この機会に、一度『ペットの贅沢水素水』を試されてみてはいかがでしょうか。


タイトルとURLをコピーしました